So-net無料ブログ作成
検索選択

「会員に寄り添わない」Y岸会長に批判集中! [青春会]

◆家族(会長一族)ファーストに会員もあきれ気味
青春会Y岸会長が家族のお祝い会のため、勝手に忖度し2017年5月の青春会皐月合宿を欠席するというビッグニュースは、世界を駆け巡った。特にY岸会長が日頃から「青春会ファースト」と言っていたのに「Y岸一族ファースト」とばかりにさっさと欠席を表明したことについては会員間で「青春会会員に寄り添っていない」と強い批判の声があがっており、以下の通り緊急記者会見が催された。
記者「コート10周など強硬に指示する会長が合宿不在では、テニス練習に迷う会員も出てくると思うのですが、それに対し、会長はどのように責任をとるつもりでしょうか?」
Y岸会長「これは青春会と会長がどうだ、こうだというよりも基本的にはご本人が判断されることなんですよ」
記者「なぜ、青春会会員が自主的に練習できないのか事情を会長がご存じないからではないでしょうか。会長の強権があったればこそ、ただえ、さぼりがちな青春会会員も宴会ばかりではなく、少しはテニスをするわけです。それを人のせいにするのは・・・」
Y岸会長「人のせいなんか、していないじゃないですか。誰がそんなことをしたのですか」(会長は次第に怒りといら立ちを見せ始める)
記者「責任をもって回答して下さい」
会長「責任もってやっているじゃないですか。なんて君は無礼なことを言うんだ!なんで無責任だと言うんだ。撤回しなさい」
記者「撤回しません」
Y岸会長「しなさい!出て行きなさい!もう二度と来ないでください。人を中傷誹謗するようなことを許さんよ、絶対」といって会見から出て行った。
記者が「青春会会員を困らせているのは、あなたですよ」と追いかけると、
Y岸会長は「うるさい!」と記者会見場を立ち去った。


《「家族ファースト」と居直る会長》
DSC09023.jpg



◆会長の意向を皆で忖度(そんたく)、反主流派は沈黙!
青春会では、このような会長の暴挙に対しても、表立って批判するメンバーはおらず、反主流派のK住総裁(会員の生活が第一)やH吾朗氏(みんなの青春)などでさえも沈黙している。この背景には、トルコのエルドアン大統領のひそみに倣い、つい最近、さらに会長権限を強化する青春会会則の法改正案が承認されたこともある。しかし、Y岸一族の長く続く独裁体制により、反主流派でさえもやたら会長のご意向を「忖度(そんたく)」するムードが同会全体を支配しているからに相違ないだろう。

《会長の意向をやたら「忖度(そんたく)」する会長支持派のM成幹事長やS我カラオケ部長》

DSC08023.JPG


【関連記事】
◆悲しみを乗り越え「馬鹿でも元気な青春会」の復活を誓う~青春会皐月合宿2017 http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-05-11

◆Y岸会長支持率急回復?~低気圧の中、一転、青春会2017年皐月合宿に参加!
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-05-16



※本ブログはフィクションであり実在の人物、団体とは一切関係ありません。