So-net無料ブログ作成
検索選択

「違うだろぉぉぉっ!!」と合宿に喝!“豊田真由子議員”方式導入で指導強化方針 [青春会]

青春会は、風紀の乱れに加え、このところ会長の指導・特訓をバカにしたり、蔑ろにする会員が増加、中には、練習をさぼってお風呂に入りに宿舎に帰ってしまうフトドキ者が出現するなど、その指導力、統率力についても疑問符が投げかけられている。
かかる、組織的危機を見据え、Y岸会長等青春会幹部は「こんな人たちに負けるわけにいかない」とばかりに、今話題の「豊田真由子国会議員」の秘書イビリ(モトイ!)、秘書の指導法に学び、だらけ切った青春会に喝を入れ、綱紀粛正を図るという方針を打ち出した。
とりあえずターゲットになるのは10月に予定されている秋季合宿である。練習中、指導中に気の弱い会長はじめ幹部に代わってスマホなどによるIOT技術を駆使、コート上に拡声器を設置し、「豊田真由子議員の音声」での叱咤、徹底指導を図っていく。

《「違うだろぉぉぉっ!!」》

テニスコートにこだまする豊田議員の叱咤(音声)に驚愕する青春会大ボケ会員の姿が目に浮かぶようである。
追い打ちをかけるようにY岸会長ならぬ豊田議員(音声)から「お前はどれだけアタシの心を叩いてる!」「これ以上私の評判を下げるな!」と厳しい代理指導の叱咤の声が飛び、会員もさぞや震え上がるに違いない。


《ミスにも厳しく“赤ちゃん言葉”で会員イビリ!?》
Y岸会長等指導陣による「そんなテニスがあるんでちゅか!」と赤ちゃん言葉でのイビリ(厳格指導)にきっと会員は固まること必定だろう。
「そんなことに、なーるーのーかーなー、どうして~、こんなことばかり毎日~、明日は何が起こるのかな~、ドキドキ~」.........(汗!)ドキドキ...

《会員の言い訳、抗弁にも「すっすっす~♪」で一蹴!》
テニス練習「一生懸命やってますぅ~ 私なりに一生懸命やってますぅ~」との会員の言い訳を意に介さず「すっすっす~♪」と一蹴..........?何 コレ?

いずれにしても、Y岸ノミクスの”成長戦略「新三本の矢」”、(1)20年間で会員600人体制の達成、(2)老齢会員への支援拡充、(3) 爺婆が輝き活躍できる青春会改革などこれまで打ち出した施策のことごとくが宙に浮き、風紀の乱れや統率力の低下など窮地に追い込まれているY岸会長としては、今回の豊田議員方式の導入は、K住総裁など抵抗勢力の締めあげなどのチャンスともとらえており、起死回生策になるか、注目の集まるところである。

《血祭にあげられそうなK住総裁など抵抗勢力》

DSC01289.JPG


(注)なお、幹部団の頭頂部など鑑み、「この ハゲー」に関する豊田議員方式の厳格指導は、行わないとの方針が合わせて発表された。

【関連記事】
■Y岸会長進退窮まって合宿開催地「軽井沢-土浦」両立案を提示し一層混乱..(モヤモヤ)
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-06-25

■夜も「一線を超えていない」と言い訳する会員が急増!
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-08-11


※本ブログはフィクションであり実在の人物、団体とは一切関係ありません。