So-net無料ブログ作成
検索選択
よしなしごと ブログトップ
前の10件 | -

父母の旅路(平成2年5月のフォトファイル) [よしなしごと]

断捨離で物置代わりの洋間などを整理していたら、父母の晩年の旅行のフォトファイルが出てきた。写真の横にちょっとした説明文などが添えられるやつだ。捨てるつもりが、中に写真とともに、父の詠んだ俳句がちりばめられているのに気付き、つい読み出しとまらなくなった。(父は若い頃に大正期から昭和にかけての「ホトトギス」を代表する俳人原石鼎に師事していた。)
俳句のブランクは云十年だろうが、77歳で仕事をリタイアする前後からは気ままに作句していたのだろう。(中に俳句を走り書きした広告の裏紙があったので、それをフォトファイルに母が書き写したようだ)
萩は、父の先祖の地だ。長州藩士の末子で他家に養子にだされていた祖父は、まだ少年で明治維新に間に合わず遅れて上京したと聞いている。 
父は、祖母が40歳過ぎの頃生まれたので、当時としては、相当の高齢出産だったようだ。

さて、旅行の行程は以下のように記録されている。
1.下関   --平成2年5月21日
2.秋吉-萩  --平成2年5月22日
3.萩    --平成2年5月22日~23日
4.萩・大濠・柳川--平成2年5月23日~25日
5.柳川・大宰府 --平成2年5月25日

父母は、終戦後まもなく結婚したため、新婚旅行先の伊東に行くとき列車はすし詰め状態でまともには乗れなかった。やむなく便所の窓から中の乗客に助けられてようやく乗ったので、それ以来「臭い仲」になったという冗談を、何度もしていたのを記憶している。

<下関~博多・門司港駅など>
雲海の涯にありけり五月晴 機上にて 

平2.5.21下関3-博多-門司雲海の涯にありけり五月晴 機上にて よしお.jpg


博多-門司港駅 初夏の日のただひろびろと駅古りて

平2.5.21下関5-博多-門司港駅 初夏の日のただひろびろと駅古りて2.jpg


関門橋和布苅(あかり)の山の緑背に

平2.5.21下関7-門司→関門橋和布苅(あかり)の山の緑背に3.jpg


人の才を集めて成りし水底の道にこの世はいやさかゆかん

平2.5.21下関9-関門海峡-人の才を集めて成りし水底の道にこの世はいやさかゆかん2.jpg



<秋吉・萩>
秋吉の若葉のかげの野の佛

平2.5.22秋吉、萩4-2秋吉の若葉のかげの野の佛.jpg


ひそとあり若葉のかげの野の佛

平2.5.23萩、大濠、柳川-2-熊谷美術館中庭-2.jpg


<萩>指月荘
初夏の夜の潮騒遠き目覚めかな
夏みかん喰べて憩う海の前

平成2年5月22日-東萩指月020522-23001.jpg


平2.5.22萩7-指月公園-自在庵-2.jpg


【横光利一-】指月公園
蓬生ふ銃眼の中海光る

平2.5.22萩5-指月公園銃眼土塀-横光利一-蓬生ふ銃眼の中海光る-2-1.jpg


平2.5.22萩5-指月公園銃眼土塀-横光利一-蓬生ふ銃眼の中海光る-3.jpg


【先祖の知行していた?と聞く山口県阿武郡佐々並村の1980年前後の頃の写真】

IMG_20161029_0001.jpg


IMG_20161029_0005.jpg


<大濠・柳川・大宰府>柳川川下りなど

平2.5.25柳川.jpg


平2.5.25柳川船.jpg


2002年9月1日没 父、享年八十七。
2010年1月2日没 母、享年八十九。

※なお、父の俳号は有桁(ゆうこう)であった。口が大きいのでアリゲータ(ワニ)から師石鼎がつけてくれた名前だ。タケシ軍団の命名とは違う。

【レクイエムrequiem】

◆奇妙な夢を見た
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2011-03-02

◆父の買ってくれたブリキのロボット 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2013-12-08

◆父の中国留学~戦後70年
 http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2015-08-15


ボヘミアン(Bohemian)のTちゃんと銀座で~2015 [よしなしごと]

銀座は好きな街である。早い時間に行くと爆買の皆さんがあふれかえっているため、初めに京橋近く(銀座一丁目)の銀座長寿庵で久しぶりに鴨せいろを食した。ゴマと唐辛子をふんだんにかけるのが、自分流である。鴨の香りが鼻腔に昇ってきて満足満足...
さて、銀座へは長寿庵から徒歩で10分ぐらいか、同行は永遠のボヘミアン(Bohemian)のTちゃんである。真っ暗だった一時期に比べると大分銀座らしく華やかになってきた。

Tちゃんは、世界を自転車で旅している。最近ヨーロッパに凝り始めたら、このたびパリ同時多発テロが発生。それでも、近いうちスペインからパリに自転車で行くらしい。大事なことは、私たちはああいったことにひるまず、今まで通りに過ごしたり、チャレンジすることだと思う。永遠のボヘミアン(Bohemian)のTちゃんの果てのない旅の無事を祈りたい。

《銀座長寿庵》
元祖 鴨せいろ の店。自分は、ここの味・香りが好きである。ラ・ベットラ(イタリアン)やカイバル(インド料理)がご近所なので、あまりはずれがない地域だ。

DSC07457.JPG



《ボヘミアン(Bohemian)のTちゃん》

DSC07462.JPG


DSC07466.JPG


DSC07475.JPG


《銀座の街とやたら増えたブランドショップ》

DSC07470.JPG


DSC07467.JPG


【関連記事】
◆ボヘミアン(Bohemian) Tちゃんと会った 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-02-01

父の中国留学~戦後70年 [よしなしごと]

2015年8月15日、日本は戦後70年を迎えた。
「戦争で本当に苦労した人は、悲惨な戦争のことをあまり語りたがらない」という。

生前父は「中国に2度“留学”した」と私たち子供によく冗談を言っていた。父が何歳の頃かは失念したが、かなり歳をとってから2度目の出征となったらしい。戦争で負けが込むと兵隊に行くのに年齢は関係ない。父は、この2度目の出征で日本の厳しい戦況は理解していた。戦争に行ったことを“留学”と冗談で言う父はさほど戦地で苦労しなかったのかというと、そうでもなかったようである。すべてユーモアに包む父の性格から来ていると今では思っている。

◆従軍看護婦
最近、戦時中戦地に赴いた従軍看護婦が話題になっているが、彼女たちの過酷な話として、戦争の後半は死体を片付ける毎日だったと言う。その話で、ふと父が「従軍看護婦に命を救われた」話を思い出した。
チフスか何かに罹って、生死の境を彷徨っていた父の病状も重くなり、ある日、いよいよ、今晩にはもたないだろうと軍医などにみられていた。ところが、奇蹟が起こって、その翌朝には病状は急回復したのだ。実は、その日の夜勤当番の看護婦が、自分の当番の夜中に「死体を片付ける」のが嫌で、嫌でしょうがなかった。どうせ死ぬにしても自分の当直日にならぬよう、兎に角一晩持てばいいやと、こっそり当時貴重なモルヒネを父に何本か投与していたのだが、どういうわけかそのモルヒネが効いたのだ。
後日、その秘密を看護婦自身から聞いた父は当初愕然としたが、よくよく考えてみれば、その死体を片付けたくなかった看護婦が命の恩人だと、改めて思ったそうである。

◆銃撃をしくじった安堵
無線兵の父は、あまり敵と撃ちあうことはなかったといっていた。それでも、何度か交戦して撃ちあいになったことがあり、一度敵兵を銃撃して敵が倒れたと思った瞬間があった。しかし、敵は突然立ち上がって脱兎の如く逃げ去ったことがあり、その時は真に残念で悔しく思ったそうだ。しかし、戦後平和になって、戦時中一度たりとも人を殺めることなかったことは、本当によかったとつくづく思うようになったと語っていた。
:2002年9月1日に父は亡くなった。享年 八十七。

父は戦争を多くは語らなかったが、それでもユーモアのオブラートで包める話はしてくれた。戦後、戦争のことを一切語らなかった伯父のことを「戦争で本当に苦労した人は、悲惨な戦争のことをあまり語りたがらない」と母が言っていた。語ることもできない悲惨な戦争を二度と繰り返してはならない。それこそ、知恵と工夫、全能を費やして戦争は阻止しなくてはならない。
戦後70年、この国の為政者は未だに国民に詫びていない。


  《戦時中の中国蘇州から母への絵はがき》
☆蘇州中支派遣第8019部隊….表には、詩を作ったことが書いてあった。戦時下のラブレター。亡くなった父の母への想いの詰まった葉書や手紙のスキャナーを母に頼まれたがあまりの多さと、自分の多忙もあって断念。この1枚しか残っていない。

父のはがき-蘇州中支派遣第8019部隊-裏.JPG


《母から亡父へのラブレター-平成時代》
2010年1月2日 その母も亡くなった。享年八十九。

030618俳句0001.JPG



【レクイエムrequiem】

◆奇妙な夢を見た
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2011-03-02

◇父の買ってくれたブリキのロボット 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2013-12-08

◆父母の旅路(平成2年5月のフォトファイル)
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-10-29

父の買ってくれたブリキのロボット [よしなしごと]

まだ、7歳か8歳のとき、クリスマスのプレゼントに近所の弁護士のボンボンが持っているのと同じリモコンのロボットを所望した。
帰宅した父が買ってきてくれたお土産の箱を開けると、中に鉄人28号とは似ても似つかないぜんまい仕掛けのブリキのロボットが入っていた。
泣いた。「リモコンじゃない」と泣きじゃくる私に、父は怒り、そのブリキのロボットを取り上げ、庭に投げつけた。
その時の父の顔は、今となっては微細に覚えていないが、なんだか、ひどく悲しい顔をしていたように記憶している。母がどう取り繕ってくれたかは、不明だが、のちにそのブリキのロボットに相撲させて強かった記憶も残っており、おもちゃ箱の中には、中学生になるころまで入っていた。
今、おもちゃコレクターの間では、世界的にブリキのおもちゃが大層人気らしい。

大正4年4月4日生まれ(母親が40歳の時で、今でいう高齢出産)の父は、旧制府立一中卒業間際に父親代わりとなってくれていた養子の兄が急逝した。その兄とは血のつながりはないが、大年という雅号で文部大臣賞を受賞した篆刻家で、当時は相応に名も知られていたらしい。一中の授業料が払えなくなり、学校に行こうとしない父を見て、作品の篆刻を売っては、学費を出してくれたようだ。その兄の急逝もあり、一高、帝大に当然進むつもりでいた父は、中学卒業と同時に就職した。こうして、まだ健在だった自分の母親と兄の家族も、背負うことになった。誰も助けてくれなかった。皆が余裕のない時代だったのだろう。
戦後は、食えないので、勤めていた会社(今は日本有数の旅行会社)から、戦友の経営する履物販売会社に誘われ転じたが、日本人が和服を着なくなるのと同時に徐々に下駄、草履の類は衰退し、苦労は続いた。
酒を飲むと旧制第一高等学校の代表的な寮歌「嗚呼玉杯に花うけて」を口ずさむ父を理解するようになったのは、自分がずいぶん大人になったころだった。今、あのブリキのロボットを庭に投げ捨てた時の父の顔を「悲しそうな顔」だったと確信しているのも、自分が随分年をとったからかも知れない。
2002年9月1日に父は亡くなった。享年 八十七。

《昭和36年4月 父と私》

S36.4父と-2.jpg


【レクイエムrequiem】

◆奇妙な夢を見た
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2011-03-02

☆父の中国留学~戦後70年
 http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2015-08-15

◆父母の旅路(平成2年5月のフォトファイル)
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-10-29

別所沼のほとり-The banks of the swamp Besshonuma [よしなしごと]

約100万年前、大宮台地から湧き出した水が低地に溜まり、沼になったものだそうである。
別所沼には、沼の底に大蛇が住んでいると言われ、どんなに日照りが続いても水が涸れることがなかったという伝説がある。
また、浦和在住者にとっては、行くところが無いと、とりあえず別所沼である。
桜の咲くころには、大変な人のにぎわいだけど、公園らしい公園と言うか、春爛漫な感じが満ち溢れる。
晩秋というか冬の始まりは、釣りを楽しむ人たちも多く、木々も冬めいてそれなりの趣がある沼である。
11月に入って、その別所沼を散策した。

《別所沼のほとり》

DSC01754G.JPG


《竜舌蘭の咲く頃~2003年8月》
2003年8月3日、先代のWESTIEピーチャンを連れて、今は亡き義父と一緒に、50年ぶりに花が咲いた竜舌蘭を別所沼に見に行った。その翌年、5月18日に義父は亡くなった。
花の咲いたのが2003年だったので、後40年は咲かない。自分も、そのころは生きていないだろう....

20030803竜舌蘭-別所沼0003.JPG



◆別所沼公園
バス停

国際興業バス 公園坂上(別所沼公園)下車
〒336-0021 埼玉県さいたま市南区別所4.

《関連記事》

◆The banks of the swamp Besshonuma Ⅱ
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2014-09-23-1


タグ:別所沼公園

運命の馬鹿 [よしなしごと]

「運命の馬鹿」...「運命の人」ではない。

ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世さん(François VI, duc de La Rochefoucauld, 1613年9 月15日 - 1680年3月17日)の御言葉

「頭のいい馬鹿ほど、はた迷惑な馬鹿はいない」
「世に馬鹿たるべく定められた人がいて、彼ら自身が進んで馬鹿なことをするだけでなく、運命そのものが否応なしに彼らに馬鹿なことをさせるのである」
「賢者を幸福にするにはほとんど何も要らないが、愚者を満足させることは何を以ってしてもできない。ほとんどすべての人間がみじめなのはそのためである」

★国民は、一生のうち、そう何度もお目にかかれない民主党の某元首相のような「運命の馬鹿」に出会って巻き込まれ、彼が必然的にしでかす数々の「馬鹿」に翻弄されてきたわけであります。はた迷惑この上ない。

★法人減税もないし、規制緩和も中途半端だし、成長戦略がぼやけているのも痛いなあ.。土建屋さんだけ恩恵受けて終わり。第3の矢?(やっぱりねと言う感じ)→新たな「運命の馬鹿」にまきこまれたくないな!トホ

DSC00074.JPG



タグ:運命の馬鹿

老人が寄り合えば.... [よしなしごと]

老人が寄り合えば....
「老人が寄り合えば、話は三つある。一つは病気の事、二つ目は薬の事、三つ目は税金が高くなった事。この会話の仲間入りする老人は墓場へ急ぐより他に途がない。老人になっても、頭と肉体との健康が許す範囲に、社会、公共のために身分相応の奉仕をすることが、健康を保つ唯一の途である。」~電源開発初代総裁、通産大臣、初代経済企画庁長官などを歴任した高碕達之助が、阪急阪神東宝グループの創業者小林一三に見せたアメリカの元大統領ハーバード・フーバーの手紙:鬼才縦横(小島直記著)より

最近、時折記憶が飛ぶ。危ない予感にも「老人力」がついた、力がついたと威張ってみても、体力の衰えるスピードは、かなり早回しのビデオのようだ。先週2日間京都に行っただけで、ヨーロッパに十日間ぐらい行ったときと同じような疲れが襲ってくる。

サミュエル・ウルマンの「青春」と言う詩の一部*
「年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いが来る。歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。」
                
やはり、理想を失いかけているのかな......パッション 万歳!

《中国杭州:富春山居の朝》 

060824富春山居の朝_011-GG_edited.jpg



もっとも美しい利子~彼の国の方達へ贈る [よしなしごと]

彼の国の方達へ贈る

利己的でない好意的な行いが、もっとも美しい利子をもたらす ゲーテ

《彼の国 頤和園(イーファーユエン:西太后別荘).石舫》

2001.02.11頤和園石舫G3.JPG




歴史を学ぶと、人間が歴史から学んでいないことが分かる......八合目? [よしなしごと]

「歴史を学ぶと、人間が歴史から学んでいないことが分かる。」とは、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel)の言葉ですが、

2013年2月4日時点-円安加速、93円台/ドルに 2年9カ月ぶり だそうです。1ユーロは、125.47 円也...こちらは、どうもヨーロッパに盛んに観光に行っていた頃、137円/ユーロぐらいだったので円安の感がいまひとつ有りませんけど。
それでも、異常な円高是正のつもりなのに、円高で困り果てている時には何もしてくれなかったドイツさんあたりも、円安誘導と批判しだしたらしい。世界は、身勝手のために........................

25年以上前、ジャンボジェット機を購入した方が、1機180億円ぐらいで買っちゃったとかおっしゃっていました。バブル前夜ですので、当時160円/ドルですから、今、円安になってきたと言っても隔世の感が有ります。航空会社に22億円/年リースで10年もすれば取り戻せるとのことでしたが、お伺いするたびに保有飛行機が増えていきました。その後、お達者なのだろうか?

それは、さておき、歴史は繰り返すで、また数年経ったら再び円高になるでしょうけど、人材リストラしか知恵が無かった日本の企業経営者の皆さんが、ばね効くのかが?わからんですね。でも、その頃は、花道飾ってご勇退か?

《富士山:頂上に到達する前に御来光......モヤ、もや・・・・・・・》

富士山登頂_0007.jpg



同じく、ヘーゲルさんの言葉「情熱なしに、達成された偉大なことなど、この世にはないと自信を持って言える。」

TOPIC>>
※我が家の愛犬Pieechanが、The Terrier Clubの Image Of the Weekに選ばれました。
(2月25.日以降Low Archivesに掲載)

<お題:Pieechan lives a quiet life >
http://www.terrierclub.com/mainfold.php?nav=feb13.htm&arc=feb133.htm

「市村座」…….“夢の時代”のコラボレーション [よしなしごと]

曾祖父の須恵庄蔵は、大工の棟梁で芝居小屋「市村座(下谷二長町時代)」の営繕工事に長年携わり、舞台の仕掛けについては定評があったことは既に述べた。

《岩瀬釜吉とよう》~URL参照

http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-04-14

「市村座」は1634年(寛永11年)に村山又三郎が興した村山座に始まり、1652年(承応元年)、市村羽左衛門が興行権を買い取り「市村座」とした。江戸時代に中村座、河原崎座(森田座のちの守田座)とともに江戸三座とうたわれた大歌舞伎小屋だったそうである。

当初、日本橋葺屋町(現・日本橋人形町3丁目)にあったようだが、1842年(天保13年)浅草猿若町(現・台東区浅草6-18-13 <猿若町2丁目>)へ移転した後、1892年(明治25年)下谷ニ長町(現・台東区台東1丁目5番地)に再転した。移転後、町は俄かに賑わい始め、その名は瞬く間に東京中に知れ渡った。

曾祖父が、「市村座」で大工として腕をふるっていた時代は、どうやら六世尾上菊五郎や人気役者初代中村吉右衛門が演じ、いまでも語り草の名舞台の数々が生み出されていた、いわゆる二長町の「菊吉時代(大正時代)」とも重なっていたらしい。

絶頂期の「市村座」は、きっと当代一流の役者とそれを支える曾祖父たち職人(大工)とのワクワクするようなコラボレーションが実現していた“夢の時代”だったのだろう。

《「市村座」の碑…台東区台東1丁目5番地~凸版印刷本社》
良く見ないと、見逃してしまう「市村座」の碑。JR秋葉原駅から徒歩5分、凸版印刷本社に向かって左端の植え込みにそっとある。詳しいことは以下の碑文参照。

120728市村座の碑_02.JPG



120728市村座の碑_04.JPG


市村座は1923年(大正12年)9月1日関東大震災で被災、消失、その後バラックで再建されたが1932年(昭和7年)、楽屋からの失火で焼失した後は再建されることもなかった。


前の10件 | - よしなしごと ブログトップ