So-net無料ブログ作成
検索選択
昭和時代 ブログトップ

上野原スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)Ⅱ~金魚岩アドベンチャー [昭和時代]

学生時代、アーネスト・ヘミングウエイの小説で、ニック少年が鱒釣りしながら川下りする短編小説を読むと小学生時代の夏休み山梨県上野原町で過ごした日々を思い出した。
山梨県北都留郡の旧上野原町(平成17年2月南都留郡秋山村と合併、上野原市となり消滅)には、自分の小学生時代(昭和30年代)親戚の家があって、子供は3男3女(実は親戚に1人養子に出していたので7人)だった。自分の長兄と同年の一歳上の従兄(三男)がインストラクターだった。毎日が楽しい冒険の日々だった。
大概は、親戚の家で作ってくれたおにぎりなどをもって、近くの地元で山下(通称)と言われていた清流を釣行し、下流で土手を登り、当時全く舗装されていない土煙あがる甲州街道に出て、歩いて帰ってくる。道すがら湧き水もあって、暑い夏には清涼でおいしかったのを覚えている。
そんな山下アドベンチャーに負けず劣らず楽しく遊んだのは、桂川と鶴川が上野原駅近くで合流しているあたりにあった「金魚岩」だ。川に中洲があり岩がある。地元の子供たちが「金魚岩」と言っていたが、金魚に似ていたのか、どうかは記憶に無い。

◇金魚岩アドベンチャー
国鉄上野原駅近くの相模川上流の桂川(山梨県での呼称)は、昭和30年代はアユ釣りの名所であった。今は禁止されているが「ひっかけ」という釣法が主流だった。たくさんの針が付いていて、アユをひっかけ釣り上げる荒っぽい釣り方だ。たくさんの大人たちが鮎釣りしている桂川上流には、我々子供たちが遊ぶ場所はなかった。
金魚岩はそんな鮎釣り場から少しく下った桂川の中州にあった。浅いので大人たちも釣りをしていないため、子供たちの遊び場としては絶好だった。水着に浮き輪を付けたたくさんの子供たち、幼児たちも川の浅いところで水遊びしている。
従兄と私たち兄弟は、少しは泳げるので中洲まで泳いで行っては岸に帰ってくる。時には水中眼鏡で潜って川底を見て楽しんでいたものだ。

◆水中から見た泡だつ青空

よくよく考えてみれば三つ違いの弟は自分が小学5年生の時でも2年生なのだ。土手を駆け上るのも、駆け降りるのも兄たちについていくのはやっとで、泣きそうになりながら土手を降りてきたこともあって、「みそっかす【味噌っ滓】」扱いされていた。
金魚岩付近は川の中洲まで少し泳がないと渡れない。川底は突然深くなっているのだ。
ある日、そんな「みそっかす【味噌っ滓】」の弟が、兄の自分が泳いで渡ったのをみて中洲まで泳いで渡る途中、突然目の前でおぼれた。自分もその頃は、そんなに泳ぎは得意ではない。周りに従兄や兄たちはいなかった。ままよとばかりに助けに行ったが、“溺れる者藁をもつかむ”というが、弟に飛びつかれた藁ならぬ自分は見事に水中に沈み水底から泡と青空を見る仕儀となった。幸いなことに、弟は何とか浅瀬にたどり着き、自分も難を逃れたが、あの時水中から見た泡だつ青空は今でも忘れられない。

自分が高校生2年生になった頃(1968年)、近くの山梨県柳川(渓谷)でキャンプをやり、帰りに上野原に立ち寄った。従兄(二男)の案内で川に行ったが、その時には、すでに川の一部は汚れていた。その後10年程経過して、大人になって知り合った山梨出身の砂利採掘業者に聞いた話では、山下付近の川は砂利が豊富に取れるので、取りつくされ川は変容したと聞かされた。
僕らのワンダーランド上野原の冒険が終わったことを実感した。

《どなたかのページでいただいた一級河川の桂川です》
163838816_624.jpg



【関連記事】
■上野原スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)Ⅰ 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-01-16

☆彡我が家のPieecahnが The Terrier Club のOur Picture of the Week い選ばれました。
お題◆My first meeting with two other Westies!
○2017年2月12日まで以下
http://www.terrierclub.com/pow.htm
●2月13日以降 
LOW ARCHIVES
http://www.terrierclub.com/mainfold.php?nav=feb17.htm&arc=feb172.htm

上野原スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)Ⅰ [昭和時代]

学生時代にアーネスト・ヘミングウエイの小説で題名は忘れたが、ニック少年が鱒釣りしながら川下りする珠玉の短編小説を読むと、必ず小学生時代の夏休み山梨県上野原町で過ごした日々を思い出した。
山梨県北都留郡の旧上野原町(平成17年2月南都留郡秋山村と合併、上野原市となり消滅)は、東京と山梨と神奈川の県境に近くにあった。今は都心への通勤圏としてベッドタウン化がだいぶ進んでいる。
その上野原には親戚の家があった。今もある三生会病院の裏側にあったと記憶している。嫁入り前の長女や大学生の長男を筆頭に子供は3男3女(実は親戚に1人養子に出していたので7人)だった。

自分は東京目黒の生まれ、今から50年以上前も目黒に住んでいた。小学生時代(昭和30年代)、夏休みになると一番上の姉を除いて、私と二つ違いの兄と3歳下の弟と3人で、山梨県の上野原の親戚の家に2週間ほど遊びに行くのが常だった。
上野原の伯父は、日産自動車に勤めていたが、確か営業部長の時に、独立し日産の下請けなどに携わる町工場を起こした。昭和30年代から始まった日本の高度経済成長に歩調を合わせるかの如く会社も業容を拡大、当時は子供の目からみても大層羽振りが良く見えた。バス停が自宅工場前に設置される際、広い工場内の敷地に桜の木がたくさんあったことから、伯父が「桜ヶ丘」と命名したぐらいだ。(今も地図上には桜ヶ丘を冠したハイツ名などが近隣に記載されている)
自宅では、母の手作りの料理ばかりだったが、上野原に行くと母の姉である伯母はしょっちゅう店屋物を頼んでくれたし、お小遣いを分け隔てなくくれるのが自分達には大層うれしかった。

上野原s33.8-1.JPG



◇山下(近所の小川)からの釣行(川下り)は子供のワンダーランド
上野原の親戚の子供たちは、私たち兄弟よりずっと年上だったので、自分の長兄と同年の一歳上の従兄(三男)が子供にとってはめくるめくような上野原の冒険ツアーの道先案内人だった。今風に言えばインストラクターだろう。
その親戚の家から徒歩10分以内で行けるところに地元で山下(通称)と呼ばれる小川があったのを記憶している。山下は今思えば相模川支流とみられるが、私たちが川遊びに行った当初は清流だった。
私たちは、その山下から下流に向けて、時にすっぽんぽんで水泳を楽しみながら毎日のように釣行し、時には相模湖まで行きついたこともあった。
釣り道具は、糸と針は買いに行くが、釣り竿は山下に行くまでの道沿いの藪に生えている“しの(篠?)”と言われる竹笹の一種だろうが、それを折って使った。えさもうどん粉を水を加えて練ったものや石の裏に生息する川虫で、重りは、当時酒瓶のキャップなどについていた板状の鉛をはがして使用していた。
獲物となる魚ははや以外の大半は地元で「にがっぱや」といわれていた小魚だったが、クチボソ程度の大きさで、未だに本当の魚の種類はわからない。 

《自然の愉しみ》
私たちは魚の姿を追いながら、清流の岩場を進んでいくのだが、草や樹木で日の光が十分入らない薄暗い清流の上を悠然として飛んでいくトンボの最高峰オニヤンマに遭遇したり、両側を高木で囲まれた小川の数多ある石の上に静かにとまっていた蝉の膨大な抜け殻など“象の墓場”を連想させるような神秘的光景に出くわすこともあった。また、ある日、堰のたまりのあるところで釣りをしていたら、雨が急に降り始めた。何故か釣りは入れ食い状態になり、自然の面白さに僕らは感動して、誰も帰ろうと言わず皆で釣りを続けたのだ。しかし、僕たちが、雨が降っても帰ってこないので親戚宅では、伯父たちが大層心配し大変な騒ぎになっていた。結局、工場の社員の方に発見され車に乗せられて帰宅したのだが、鉄砲水でもでたら、幼い子供たち4人ではひとたまりもなかっただろう。

river_00026.jpg


《清流は子供たちのワンダーランド》
僕たちは毎日のように山下から釣行、川下りしていると、地元の子だけでなく県境のせいか神奈川県の子供などにもたびたび遭遇する。
小石を積み上げ堰き止めてドジョウを大量に捕獲する少年達、川沿いの木の根元に生息するカブトムシなどを石油缶の半分ほども捕まえて歩く神奈川の少年達にも遭遇した。
さらに、川の至る所に仕掛けられたガラス製のびんどう(今はペットボトルなどでつくるらしい)など、大人にはめったに出会わないが、山下からの川下りを楽しむ私たちだけでなく、それら遭遇した子供たちにとって清流はワンダーランドであったことは間違いない。


次回は、桂川と鶴川が上野原駅近くで合流しているあたりの金魚岩について記述

【関連記事】
■上野原スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)Ⅱ~金魚岩アドベンチャー 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-01-29

☆彡我が家のPieecahnが The Terrier Club のOur Picture of the Week い選ばれました。
お題◆My first meeting with two other Westies!
○2017年2月12日まで以下
http://www.terrierclub.com/pow.htm
●2月13日以降 
LOW ARCHIVES
http://www.terrierclub.com/mainfold.php?nav=feb17.htm&arc=feb172.htm



太陽にほえろ!ベスト  ....昭和の歌 [昭和時代]

太陽にほえろ!ベスト であります。

《オリジナル・サウンド・トラック》 ~英語でThe Original Soundtrack であります。


1970年代、よく目黒駅付近の権之助坂に石原プロモーションのマイクロバスがとまっておりました。西部警察などで見た刑事役の皆さんが(主役級ではないけど)窓から顔を出していました。警察署は、目黒区三田あたりの営林署だか何だか、昔の建物を借りて撮影しているとは噂で聞いていました。同じく目黒のあるお屋敷は、余りにも立派なので「政界の黒幕」や「財界の大立者」の謀議のシーン撮影用に契約を結んでいたそうです。政界や財界のいろんな悪だくみが繰り広げられていたようです。(想像ですが.....)

石原 裕次郎: 生年月日/1934年12月28日 ~ 没年月日/1987年7月17日(満52歳没)

下川 辰平:生年月日/1928年12月11日~  没年月日/ 2004年3月25日  長さん(~野崎刑事役)(満73歳没)

●石原裕次郎は52歳で亡くなったのですね。若すぎた....

●兄の慎太郎が美濃部さんに挑戦して敗れた初めての都知事選、目黒公会堂で行われた時局演説会か何かに裕次郎が応援で駆けつけたのを見に行きました。聴きに行ったのではないです。
裕次郎は照れながら話していましたけどユーモアもあり会場は熱気に包まれていました。もちろん、ものすごいオーラがありましたね。30分ぐらいの話が、「えーもう終わっちゃうの」と言うぐらいとても短く感じました。颯爽と片手をあげて会釈してカッコ良く去って行きました。
子供の頃目黒不動尊の豆まきで尊敬していた植木等を見て以来の感動でありました。



太陽にほえろn-_01.JPG


<<関連記事>>

■ヤングのテーマ~南沙織~昭和の歌
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-06-09


■「ウーマンパワーをやっつけろ!」-森田j健作~昭和の歌
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-06-10

■70年代は僕たちの時代-GODIEGO(ゴダイゴ)~昭和の歌 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-06-11


70年代は僕たちの時代-GODIEGO(ゴダイゴ)~昭和の歌 [昭和時代]

-GODIEGO(ゴダイゴ)である。Daigo(ダイゴ)ではない。

GODIEGO(ゴダイゴ)は1976年に結成され、1970年代後半からヒット曲を連発し、1985年に解散した。

1970年代末頃だと思うが、仕事で彼らの音盤権を持つ会社を訪ねる機会があった。その会社の役員は、当時ピンクレディーの音盤権も持っていたので、言うならばウハウハ(古いか?)だったはずなのに、何やらゴダイゴが仕事をしなくなって困るというようなことを言っていた記憶がある。その後、丁度人気に陰りが出始めることになる。

《ミッキー吉野に六本木で遭遇した》
ゴダイゴ解散後の1980年代後半、私たちは六本木界隈をやたらうろうろしていた。バブル時代の足音はまだ聞こえていない。そんなある日、とあるクラブでゴダイゴの元キーボード奏者でバンドリーダーのミッキー吉野に遭遇した。そこは、ライブが売りで、六本木にたむろする外人&遊び人がそれを目当てに来るらしい。しばらく、ライブの演奏を聞いて演奏家が休憩に入った後、突然、つかつかと帽子をかぶった長髪の男が、ピアノのところに向かった。酔っ払い?その男は、興に乗ってキーボード演奏を始めた。メリハリの良いパンチの効いた素晴らしい音色だ。「あ!ミッキー吉野だ。」その店に案内した友人がささやいた。私も、以前、日比谷の野音で彼を見たことがあるので、すぐに分かった。その店で先に演奏していたミュージシャンもプロなのだろうけど、ちょっと格が違うし、残酷だな。(当り前か…)
しかし、後ろで、他の客が「今(ミッキー吉野)、何もしていないんだよな」。そう言われれば、なんとなく、大変な力もちが、力の使いどころが無く無聊をかこっている感じがする演奏でもあった。ちょうど、活動休止時代だったのだろう.....

■GODIEGO(ゴダイゴ)主なメンバー
•ミッキー吉野(キーボード・リーダー)
•タケカワユキヒデ(キーボード・リードボーカル)
•浅野孝已(ギター)
•スティーヴ・フォックス(ベース)
•トミー・スナイダー(ドラムス)

《1979年のアルバム『OUR DECADE』》

ゴダイゴ_02.jpg


《「70年代は僕たちの時代」のメッセージが、見える》

ゴダイゴ_05.jpg



《1979年のMAGIC CAPSULE(マジック・カプセル)》

ゴダイゴ_01.jpg



《1978年の『MAGIC MONKEY(西遊記)』》

ゴダイゴ_08.jpg


《1978年の『CMソング・グラフィティ・ゴダイゴ・スーパー・ヒッツ』》

ゴダイゴ_10.jpg



<<関連記事>>

■ヤングのテーマ~南沙織~昭和の歌
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-06-09


■「ウーマンパワーをやっつけろ!」-森田j健作~昭和の歌
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-06-10

■太陽にほえろ!ベスト  ....昭和の歌
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-07-05

「ウーマンパワーをやっつけろ!」-森田健作~昭和の歌 [昭和時代]

「ウーマンパワーをやっつけろ!」-森田健作(現千葉県知事)のLPアルバムが、家を大掃除していたら発見された。見ては行けないものを見た感じ。

家人が恥ずかしがる消し去りたい過去...
「あなた、昔から男を見る目が無かったのよねー」と周囲からも、からかわれるそうだが、大フアンだったらしい。今は何故好きだったか全く分からない由。
それにしても、アナログレコードプレーヤーが無いので聞けないが、「ウーマンパワーをやっつけろ」という曲気になります。女性に余程手痛い目に会ったのか?そのころから、地団太踏んでいたのだろうか?なんていろいろ想像してしまいます。

《俺は男だ-TVサントラ盤?》

森田健作n-_10.JPG



《裏面がいかしている。あの甲高い声が聞こえてきそうだ!》

森田健作n-_11.JPG



《楽曲 「ウーマンパワーをやっつけろ」-ウーム!》

ウーマン.jpg



《森田健作の青春》

森田健作n-_15.JPG



<<関連記事>>

■ヤングのテーマ~南沙織~昭和の歌
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-06-09

■70年代は僕たちの時代-GODIEGO(ゴダイゴ)~昭和の歌 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-06-11

■太陽にほえろ!ベスト  ....昭和の歌
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-07-05

ヤングのテーマ~南沙織~昭和の歌 [昭和時代]

兄弟と御宿海岸に海水浴に行ったら南沙織の「17歳」がのべつ幕なしにかかっていました。1971年頃だったと思います。
「御宿海岸へようこそ」「御宿沙漠?へようこそ」とがなりたて何度もアナウンス、砂浜にクタビレタ感じのラクダ像が何故か飾られておりました。(後でわかったことですが、ブロンズ像だったらしい。しかも、御宿海岸は、童謡「月の沙漠」のもとになった場所だそうです。あの森繁が歌っていた曲であります。)
 でも、その時は、千葉の房総半島なのに砂漠かよ?って感じで....がなりたてる放送と繰り返し繰り返しかけられる南沙織の歌と合わさって、すごくシュールな光景でありました。(汗!)

《南沙織のファーストアルバム~17歳》

南沙織_01.jpg



さて、「ヤング」 最近聞かない言葉であります。 西城秀樹のヤングマンと言う歌がありましたが

「ヤングのテーマ」「純潔」「ともだち」と来ると昭和時代のオジサンの好きそうな言葉がてんこ盛りであります。
ま、兎に角「ヤング」諸君ご覧あれ

《南沙織:ヤングのテーマ》

 
南沙織_02ヤングのテーマ.JPG


南沙織_03.JPG


南沙織_05.jpg



<<関連記事>>

■「ウーマンパワーをやっつけろ!」-森田j健作~昭和の歌
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-06-10

■70年代は僕たちの時代-GODIEGO(ゴダイゴ)~昭和の歌 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-06-11

■太陽にほえろ!ベスト  ....昭和の歌
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-07-05

昭和の遠足 Ⅱ [昭和時代]

昭和時代、小学校高学年になると、保護者がついてくることは、あまりなかったのですが、時に世話好きなとなりのオバサン(バーちゃん)が、保護者代わりに来ていました。バーちゃんは大工の棟梁の妻でしたが、良く我々ガキどもを映画館に引率したりして、親は、親で気軽に人に我が子を預けていました。古き良き日本社会がまだ、息づいていたのでありました。

誠に、のどかな時代でありました.........

<駒が岳~昭和36年だと思います>
神奈川県箱根町元箱根

駒ケ岳-昭和36年.JPG


<ユネスコ村 ~昭和36年5月>
1951年(昭和26年)9月16日、日本が国際連合教育科学文化機関(UNESCO)に60番目に加盟したことを記念して、埼玉県所沢市に開園。1997年(平成9年)より2006年(平成18年)の閉園まで西武園ゆうえんちなどと共に西武レクリエーションに受託運営させていたなんて知らなかったな。写真は、埼玉県所沢界隈ということになりますね。

s36.5ユネスコ村-4年生1学期-1.jpg



S36.5ユネスコ村.JPG



<東京国際空港(Tokyo International Airport)~昭和37年3月>
羽田空港のことです。
1931年(昭和6年)8月25日に「羽田飛行場」として開港。
この写真は、正確には都内見学での1枚。昭和37年撮影ですから、開港31年目。

お!後ろにプロペラ機が?

羽田空港都内見学s37-3.JPG


<久留和海岸~昭和37年>
神奈川県横須賀市
JR逗子駅東口(2番乗り場)又は京浜急行新逗子駅(南口1番乗り場)から 「長井」「市民病院」「大楠芦名」「佐島マリーナ」行きのバスで約20分。「久留和海岸」バス停下車


久留和海岸S37葉山の近く.JPG



<逗子臨海学校~昭和37年 夏>
風邪か何かで海を前にして泳げなかった悲しい記憶だけ残っています。

逗子臨海S37.JPG



<御岳平~昭和38年>
東京都青梅市 JR御嶽山下車、ケーブルカー御岳山駅前
こんなところ行っていたんだな?大人になって2度ほど行きましたが.....

s38御岳平小6深見先生御岳山駅近く.JPG



皆さん どうしてますか?......................................おーい....

【関連記事】

■昭和の遠足 Ⅰ
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-02-04

■幼年の世界~クレヨン画みつけた… 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-11-02

昭和の遠足 Ⅰ [昭和時代]

昭和30年代の東京(目黒)の小学生の遠足の定番も含め、「昭和の遠足」は、交通の発達した今日では考えられない近場に行っていたのだなと、感慨ひとしおであります。
缶詰をたくさん持って行って、先生に、”最近の子供は、贅沢だ”とこちらに聞こえるように咎めるように言われたのを何故か覚えています。

誰もが貧しかった時代だし、もちろん自分の家も貧しい。目立ったことするなと諭されたのか、我々も年をとれば最近のガキは贅沢だでしょう。
でも親も子供も明るく、燦さんと輝いていた昭和時代でもありました。

自分は、...いまだ、平成馴染みません。失われた20年も平成から、スピード経営だ、成果主義だ、ゆとり教育だのと、日本中で馴染まないことが繰り広げられたのも平成です。結果が、格差社会を生み出した今日の迷走かな....

<新宿御苑~昭和33年>
母親が来れないとのことで、隣のおばさん(バアチャン)が、一緒に来てくれたとばかり勘違いしていたことが、今になってわかりました。理由はわからないですが、写真を見ると母親が来ていました。ショック!
しかし、字を教わったのも隣のバアチャンでしたし、夏休みなんか1カ月弱バアチャンの引っ越した練馬区田柄町の家に遊びに行ってました。そのころは、周辺は畑で土筆やのびるが取れました。
この時代は、周囲の人々が「子供に関心があった」時代でしたね。

新宿御苑33.JPG



<馬事公苑(ばじこうえん)~昭和34年>
:東京都世田谷区上用賀にある公園~日本中央競馬会(JRA)の運営
 走っていた馬が突然「バ(馬)!」と大音響を残してコーナーを回っていった。馬も「おなら」することを知った。

s34馬事公苑.JPG



<深大寺~昭和35年1月>
東京都調布市深大寺元町五丁目15番地1
天平5年(733年)満功上人が法相宗の寺院として開創したと伝わる。
当時、東京の小学生の遠足の定番。


深大寺S35-1.JPG



<出州海岸~昭和35年5月24日  潮干狩り>
所在地 千葉市中央区千葉港
何ゆえか、あさりを余分に取った優等生に1袋渡され、2袋分の料金を取られました。
お人よしは、ガキの頃からだったのですね。
出州海岸は、今は、昭和45年に出来たみなと公園に「出洲海岸埋立造成事業記念碑」があるということは、埋め立てられたらしい。


出州海岸S35.5.24五井の近く.JPG


【関連記事】

■昭和の遠足 Ⅱ 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-02-07

■幼年の世界~クレヨン画みつけた… 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-11-02
昭和時代 ブログトップ