So-net無料ブログ作成
検索選択

法師人利康さんの墓参り &「そば 法師人」での偲ぶ会催される~2017年6月18日 [青春会]

2017年6月18日(日曜日)青春会では先の4月1日エイプリルフールに亡くなった青春会の巨人(トーテンポール::192㎝)法師人利康さんの墓所所沢聖地霊園で墓参りをした後、都内某所の「そば 法師人」にて偲ぶ会を催した。参加者はY岸会長以下同会古参メンバー及び氏の未亡人を含め10名であった。

(1)墓参り
■「最高レベルの指示」“早朝集合”に困惑する会員
当日の集合時間については、遠方の人もいるので10時ごろが適切と幹部会としては想定していた。しかし、青春会“最高レベル”のY岸会長の鶴の一声で、その想定より1時間以上も早い時間とするよう「ご指示メール」があり、津田沼の先から出てくるK住総裁(会員の生活が第一)や、普段店長を務めるクリーニング店に出勤するより早起きしたという元スナック天国のN子さんなど、泣く泣く会長のご意向を忖度(そんたく)し、早朝に参集した。そのほか、体格の割に膝の弱いO木コンドロイチン・グルコサミン党党首やS田副幹事長などの家人からも「ナンデそんなに早く行かねばならないの?」といぶかしがられる始末であった。しかし、「最高レベルの指示」“早朝集合”に困惑しつつも会長の意向を会員も忖度(そんたく)し、誰一人遅刻することなく日曜日の朝から西武新宿線航空公園駅に集合したのであった。


《所沢聖地霊園で》

DSC01200所沢聖地霊園.JPG


DSC01206.JPG


■故人に献杯 -真摯な説明の足りなかったY岸会長
Y岸会長が早朝集合を指示した理由は、霊園に向かうバスの中ですぐに判明した。会長の手荷物の重さに驚いたM成幹事長の質問に対し、Y岸会長は次のように語った。
「故人の好きなウーロンハイを故人分も含め11人分持参し、墓前で献杯をしたい」とその意図を明らかにした。偉大なる指導者Y岸会長の深謀遠慮に不平を言っていた一行の不協和音は消え、墓前の酒盛りに盛り上がったのであった。会長、万歳!

《ウーロンハイいっぱいの墓前》

DSC01212.JPG


《航空公園駅でM成幹事長 キャンペーンガールとご満悦》
偲ぶ会を当初欠席予定だったM成幹事長は、一転出席となったは良いが、相変わらずどこに行っても不穏な動き...................

DSC01230.JPG


(2)「そば 法師人」で偲ぶ会催される
墓参りの終わった一行は、都内某所の「そば 法師人」に向かったが、会長の計画を10分送らせたにも関わらず、早く着きすぎて先客がおり外で待つ仕儀となった。
同店は住宅街にあるが、知る人ぞ知る名店で法師人利康さんと、同姓のご主人が経営するそば店である。そもそもこのお店は故人法師人利康氏が発見したお店である。この日、偲ぶ会出席のため、初めて同氏の夫人がこのお店に来た。氏の写真にビールを捧げなごやかに偲ぶ会は催された。

《法師人さんの写真とビール》

DSC01235.JPG



《青春会一行と法師人夫人》

DSC01245.JPG


《法師人夫人とそば店ご主人 法師人さん》

DSC01271.JPG


※本ブログはフィクションであり実在の人物、団体とは一切関係ありません。

さいたま市が、セントラルパーク構想?を掲げる見沼田圃(Minuma tambo )に行ってきた [westie Pieechan]

さいたま市が、セントラルパーク構想?を掲げる見沼田圃(Minuma tambo in Saitama City)にPieechanと国際興業バスに乗って行ってきた。桜広場あたりは、きっと桜の満開のころは見ごたえあるだろう。用水沿いにずっと遊歩道が続いており、誠にのどかだ。
ニューヨーカーならぬノーカー(農家)が畑仕事をしていた。

@Minuma tambo
Pieechan went by bus to Minuma tambo in Saitama City on last Saturday.
Minuma tambo is an extensive green space located 20~30 km from the center of Tokyo. It covers a vast area of some1, 260 ha which represents a precious green space on the outskirts of the capital.


《セントラルパークのwestie》
DSC01147G.JPG


《ベンチもあります》
DSC01150.JPG


DSC01144.JPG


DSC01139.JPG



★紫陽花と撮った愛犬PieechanがThe Terrier Clubの Image of the Week!に選ばれました。
題名:End of the season when the hydrangea blooms
7月16日まで:http://www.terrierclub.com/pow.htm
7月17日以降:http://www.terrierclub.com/mainfold.php?nav=jul17.htm&arc=jul171.htm

濃溝の滝と養老渓谷で千葉の渓流を愉しむ [日本の旅]

歳をとると気を使う相手との旅行などまっぴらごめんである。しかし、気の合う仲間、友人との旅行は安宿に泊まろうと、計画通りいかなかろうと、極上の旅になると実感するようになった。
いい旅でした。
<行程>
何かと話題の安倍首相夫人昭恵さんの実家関係の森永高滝カントリー倶楽部でゴルフをやる前日の5月28日には、「濃溝の滝」や「粟又の滝」と養老渓谷など散策して楽しんだ。なお、翌、29日はのんびりと、お互いに「忖度(そんたく)」無しで、楽しくゴルフを堪能した。

■清水渓流
《濃溝(のうみぞ)の滝》
ジブリの世界と話題になっている千葉県の清水渓流広場内にある「濃溝の滝」に爺さん二人で行ってみた。

DSC01065濃溝の滝.JPG


DSC_0002.JPG


《ジブリの世界とはちょっと?.のK野さん》

DSC01069.JPG



■養老渓谷


《粟又の滝》
養老渓谷にある粟又の滝である。水が少ないが、誰が何と言おうと滝である。

DSC01082.JPG


《渓谷は子供の遊び場になっていた》

DSC01091.JPG


DSC01092.JPG


DSC01094.JPG


■ゴルフはゴルフ

《森永高滝カントリー倶楽部に~ゴルフ場》
5月29日安倍首相のホームコース森永高滝カントリー倶楽部でゴルフ。いいコースだったがロッカーがお風呂と直結していてロッカーで脱衣して素っ裸で風呂に移動するなんか妙な感じ。さらに後ろの組のレッスンプロがついている小学6年生が70台で回ると聞かされ、「百獣(110台)の王」のお爺さんゴルファーたちは大層煽られたとさ。

DSC01124.JPG


DSC01130.JPG


DSC01129.JPG

DSC_0229.JPG


★紫陽花と撮った愛犬PieechanがThe Terrier Clubの Image of the Week!に選ばれました。
題名:End of the season when the hydrangea blooms
7月16日まで:http://www.terrierclub.com/pow.htm
7月17日以降:http://www.terrierclub.com/mainfold.php?nav=jul17.htm&arc=jul171.htm

青春会の「最高レベルが言っている」~Y岸会長、特定宴会場示唆と癒着問題 [青春会]

◆「Y岸会長のご意向だと聞いている」~またも渦巻く忖度(そんたく)騒動。

「青春会今後の法師人さんを偲ぶ会、皐月合宿反省会の宴会に係る幹部会からの伝達事項」と題された文書には「平成29年6月に法師人さんを偲ぶ会(そば H師人)、皐月合宿反省会(新橋Kじら雲グループ)の宴会の開催を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい」「これは青春会の最高レベルが言っていること」と早期の開催を促す記述があった。
かかる状況下、「これはY岸会長のご意向だと聞いている」とまたまた青春会会員の間では忖度(そんたく)合戦が始まり、「できないという選択肢はない」とM成幹事長以下が、今後の宴会及び会場を決定づける強い言い回しで会員に示唆している。
なお、今回の宴会会場の指定問題についてはY岸会長以下同会幹部との癒着疑惑も浮上するかに見えたが、青春会に君臨し圧倒的支配を続けるY岸一族は、昨今、新橋に根城をおき拡大を続ける反主流派の新勢力A衣ちゃん率いるKじら雲グループと急接近しており、更に「会員の生活が第一(K住総裁)」や「みんなの青春(H吾朗代表改め 山の王子)」など旧来の反主流派が微妙な温度差があり足並みが乱れる中、青春会内で盤石の支配体制を築きつつあるようだ。

《Y岸会長と「腹心の友」》

DSC00927.JPG



※本ブログはフィクションであり実在の人物、団体とは一切関係ありません。

Y岸会長支持率急回復?~低気圧の中、一転、青春会2017年皐月合宿に参加! [青春会]

5月13日(土)-14日(日)前線を伴った低気圧 が日本列島を覆う中、青春会は2017年青春会皐月合宿を予定通り開催した。
法師人利康さん、H谷川美智さんと草創期からの仲間を4月に2人失い、その人達の分も精いっぱい楽しもうと青春会行動理念「馬鹿でも元気」を掲げ、意気込んで軽井沢に乗り込んだ面々だったが、涙雨だったのだろう。13日(土)雨は終日降り続け、翌日までクレーコートが使用不能になる始末。改めて、人も天気も自然の一部なのだなと実感した次第である。

そんな中、家族のお祝いで当初合宿に参加しないことを早くから表明していたY岸会長は、思いのほかの青春会会員からの批判の嵐にさらされ、方針を大転換、終日雨降る5月13日(土)の合宿初日、誰より馬鹿早く軽井沢駅に到着してS我カラオケ部長などのメンバーと合流強烈な存在感を示し、宴会だけ参加、差し入れにも怠りなく風のように去っていった。

《どきどきスーパーイタイワニーと支持率急上昇のY岸会長を囲んで》
Y岸会長は、夜恒例のS楽さんご一家が宴会に参加するのを見越してか、おもちゃの「どきどきスーパーイタイワニー」を持参し寄贈、さらに焼酎などお酒を差し入れ青春会会員の心をわしづかみにした。
そのためこのところ低迷していたY岸会長の支持率は急上昇したのは言うまでもない。なお、次期会長を狙っていたM成幹事長も来年の会長選に出馬宣言してみたものの、やはり、分が悪いと思ったか、早くも撤退するようなことをほのめかしている。

DSC00960.JPG


DSC00936.JPG


《会長の偉業をたたえるS我カラオケ部長と異議を唱えるK住総裁》
真剣な表情で会長の偉業をたたえるS我カラオケ部長と異議を唱える反主流派のK住総裁の反目は延々と?

DSC00949.JPG


DSC00950.JPG


DSC00951.JPG



《恒例のS楽さんご一家と若手のN目ポニョ会員》

DSC01014.JPG


《H吾朗氏 還暦祝いで、足のつま先まで真っ赤三昧》
軽井沢 「山の王子」 ことみんなの青春 代表ことH吾朗氏

DSC00978.JPG


DSC00988.JPG



翌日14日(日)はようやく晴れたため、軽井沢のオムニコートを借りて、法師人さんの審判姿やH谷川M智さんの写真を審判台に飾り私たちのテニスを見守ってもらった。

《ようやく晴れたコートで~遺影をバックに》

DSC_0203.JPG


DSC01019.JPG


《一応テニスもやりました》
次期会長を狙っていたM成幹事長、青春会のマクロンO川氏、N野氏、A衣ちゃんに加えS楽さん一家のかわいいゲスト(長女)も初参加。

DSC01026.JPG


DSC01036.JPG


DSC01037.JPG


DSC01029.JPG


《とにかく赤い!山の王子?》

DSC01032.JPG



《馬鹿でも元気を具現化》
青春会の行動原理「馬鹿でも元気」は永遠です。

DSC01047.JPG


《元祖:馬鹿でも元気 痴性学的(地政学)リスク M成幹事長》
余りにも不適切な問題行動があったため、多くの写真はゆるい青春会自主検閲にも、ひっかり公開不可となった同会痴性学的(地政学)リスク M成幹事長である。おやすみ...

DSC00955.JPG


【関連記事】
◆「会員に寄り添わない」Y岸会長に批判集中!
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-04-27

◆悲しみを乗り越え「馬鹿でも元気な青春会」の復活を誓う~青春会皐月合宿2017 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-05-11

※本ブログはフィクションであり実在の人物、団体とは一切関係ありません。

悲しみを乗り越え「馬鹿でも元気な青春会」の復活を誓う~青春会皐月合宿2017 [青春会]

青春会では4月1日の法師人利康氏の逝去に続き4月30日には草創期からのメンバーで初代部長H谷川氏の愛妻M智さんを失って悲しみに暮れていた。しかし、亡くなった方達のためにも、残された私たちは、5月13日(土)から14日(日)の軽井沢合宿を是が非でも実現し、青春会の行動理念である「馬鹿でも元気な青春会」の復活を誓いあうこととした。なお、相変わらず合宿にて青春会会長選挙が催される予定だが、今回の選挙もどこかの政党と同じで会長のご意向を忖度し対抗馬がでない可能性もあり、Y岸会長の独裁体制は不動との観測がなされている。しかし、昨年の米大統領選挙以降イタリア、そして先のフランス大統領選挙など何かと波乱含みの状況が続いている。物静かな青春会のマクロンO川氏の予想外の選挙出馬も噂されており、青春会の今後の動向に注目が集まっている。

(1)Y岸会長~「青春会ファースト」を打ち出す
家族の祝いごとで軽井沢合宿欠席を表明したため会員の批判、怒りが集中していたY岸会長が急きょ合宿参加を決め、“会員に寄り添う姿勢”をアピールした。
背景には、反主流派のK住総裁(会員の生活が第一)等が会長職の解任動議を画策しているとの噂もあり、さらに、Y岸会長は「青春会ファースト」ならぬ「Y岸ファミリーファースト」じゃないか、会員に寄り添っていないとの猛烈な批判が集中したことも要因と言えよう。

《Y岸会長》
会長令を相変わらず連発

会長令_20170205_0001.jpg


(2)青春会の痴性学的(地政学的?)リスク~M成幹事長
一般に迷惑かつ物騒な隣人をご近所に持つと地政学的リスクと言われる。しかし、青春会では、相変わらず問題行動の多い“痴性学的リスクと言われるM成幹事長の動向に注目が集まっている。今回も女性会員は少数ながら参加することになっており、氏の問題行動に視線が集まりそうである。今年の5月も熱い!

《痴性学的(地政学的?)リスク~M成幹事長》

DSC09715.JPG


(3)青春会のマクロン 会長選の台風の目に!~もの静かなO川孝弘氏に注目集まる
フランスのマクロン新大統領のファーストレディが24歳年上の高校教師だったことが、話題になっている。一方、青春会のマクロンとも言われるO川孝弘氏は、マクロン氏とは逆に高校の英語教師時代に教え子に手を出して(?)結婚したことは、同会では周知の事実で、大層批判を浴びた時期もあったようだ。
しかし、先般のフランス大統領選挙の結果を見て、物静かなO川氏が今合宿での隠然たる力を持つY岸会長に対抗して、青春会会長選挙に出馬声明するかが注目を集めている。また、氏を担ぎ上げる裏工作をしていると噂される前述青春会の痴性学的(地政学的?)リスクM成幹事長の影もちらつく中、今後の氏の動向が注目されるところである。

《青春会のマクロン~会長選挙出馬が噂される物静かなO川孝弘氏(右)》

DSC08909.JPG



【関連記事】
◆「会員に寄り添わない」Y岸会長に批判集中!
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-04-27

◆Y岸会長支持率急回復?~低気圧の中、一転、青春会2017年皐月合宿に参加!
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-05-16


※本ブログはフィクションであり実在の人物、団体とは一切関係ありません。

「会員に寄り添わない」Y岸会長に批判集中! [青春会]

◆家族(会長一族)ファーストに会員もあきれ気味
青春会Y岸会長が家族のお祝い会のため、勝手に忖度し2017年5月の青春会皐月合宿を欠席するというビッグニュースは、世界を駆け巡った。特にY岸会長が日頃から「青春会ファースト」と言っていたのに「Y岸一族ファースト」とばかりにさっさと欠席を表明したことについては会員間で「青春会会員に寄り添っていない」と強い批判の声があがっており、以下の通り緊急記者会見が催された。
記者「コート10周など強硬に指示する会長が合宿不在では、テニス練習に迷う会員も出てくると思うのですが、それに対し、会長はどのように責任をとるつもりでしょうか?」
Y岸会長「これは青春会と会長がどうだ、こうだというよりも基本的にはご本人が判断されることなんですよ」
記者「なぜ、青春会会員が自主的に練習できないのか事情を会長がご存じないからではないでしょうか。会長の強権があったればこそ、ただでさえ、さぼりがちな青春会会員も宴会ばかりではなく、少しはテニスをするわけです。それを人のせいにするのは・・・」
Y岸会長「人のせいなんか、していないじゃないですか。誰がそんなことをしたのですか」(会長は次第に怒りといら立ちを見せ始める)
記者「責任をもって回答して下さい」
会長「責任もってやっているじゃないですか。なんて君は無礼なことを言うんだ!なんで無責任だと言うんだ。撤回しなさい」
記者「撤回しません」
Y岸会長「しなさい!出て行きなさい!もう二度と来ないでください。人を中傷誹謗するようなことを許さんよ、絶対」といって会見から出て行った。
記者が「青春会会員を困らせているのは、あなたですよ」と追いかけると、
Y岸会長は「うるさい!」と記者会見場を立ち去った。


《「家族ファースト」と居直る会長》
DSC09023.jpg



◆会長の意向を皆で忖度(そんたく)、反主流派は沈黙!
青春会では、このような会長の暴挙に対しても、表立って批判するメンバーはおらず、反主流派のK住総裁(会員の生活が第一)やH吾朗氏(みんなの青春)などでさえも沈黙している。この背景には、トルコのエルドアン大統領のひそみに倣い、つい最近、さらに会長権限を強化する青春会会則の法改正案が承認されたこともある。しかし、Y岸一族の長く続く独裁体制により、反主流派でさえもやたら会長のご意向を「忖度(そんたく)」するムードが同会全体を支配しているからに相違ないだろう。

《会長の意向をやたら「忖度(そんたく)」する会長支持派のM成幹事長やS我カラオケ部長》

DSC08023.JPG


【関連記事】
◆悲しみを乗り越え「馬鹿でも元気な青春会」の復活を誓う~青春会皐月合宿2017 http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-05-11

◆Y岸会長支持率急回復?~低気圧の中、一転、青春会2017年皐月合宿に参加!
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-05-16



※本ブログはフィクションであり実在の人物、団体とは一切関係ありません。


対外活動を再開~青春会視察団 IN 下北沢LOFT(ライブハウス) [青春会]

4月21日青春会音楽部長のO木秀泰さんが、下北沢LOFTで催された「オトナ唄」ライブで「佳矢バンド」にベーシストとして出演するというので聞きに行った。成城高校の同級生が中心らしい。してみると50年のお付き合いらしい。お孫さんがいる年齢だが、歌うはスタンダードナンバーからポップス、ジャズ、ボサノバなどで今どきの准高齢者の爺婆らしいライブであった。出演は、ほかにH川栄三さんとZAKAの皆さんが出演した。


◆青春会 対外活動を再開
4月1日に長老であり創業時からのメンバーH師人氏を失い、しばらく対外活動を控えてきた青春会は、この4月21日下北沢LOFTで催された「オトナ唄」ライブにS我カラオケ部長、おなじみM成幹事長、そして副幹事長のS田3名を視察団として派遣した。ただし、よくライブで踊り出すS我カラオケ部長も大声を出して楽しんではいたが、合の手を入れる程度で踊り出さず、さらに日頃不謹慎な問題行動の目立つM成幹事長も異様に平均年齢の高い昔ギャルばかりで拍子抜けだったのか、不穏当な行動に出るのは手控えた様である。


《ライブ風景》

大木 with 佳矢バンドDSC00807.JPG



大木 with 佳矢バンド
DSC00800.JPG


《H川栄三さん》

広川栄三DSC00798.JPG



《ZAKAの皆さん》

ZAKADSC_0201.JPG


《視察団のM成幹事長・S我カラオケ部長》

青春会視察団DSC00809.JPG



◆5月13日(日)-14日(日)の青春会皐月合宿は予定通り挙行!
前述H師人氏を失った痛手は大きいが、故人のためにも合宿はぜひとも開催すべきと会長を除く幹部団は強行すると決議した。なお、Y岸会長は不参加理由は愛妻のお祝い行事が入ったためらしい。常日頃「青春会ファースト」と声高に主張している会長にもかかわらず「Y岸ファミリーファースト」と居直り不参加を表明した格好である。かかる状況の中で納得できない会員からの会長批判は日に日に高まりを見せている。

《関連記事》

◆青春会 ライブハウスに殴りこみ! 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2011-08-18

【必殺!!青春会視察シリーズ】
■六本木のライブハウスアビーロード( Abbey Road)を青春会幹部が視察!
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2013-07-14

◆青春会幹事長一行LIVEを(Aoi Sings with her Buddy)を視察!
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2015-02-28

◆伝説のバンドNOVOのライブをY岸会長ほか青春会幹部が視察-「Novo 7 ナイト」 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-12-09

◆渋谷J-POPcafe のバンド新年会を視察
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-01-09

法師人利康さん(青春会長老)を追悼する [青春会]

われらがトーテンポール、いやスカイツリー、そして愛すべき友 法師人利康さんが、2017年エイプリールフールの4月1日に100万人に3人というほど稀有な十二指腸癌で亡くなった(享年68)。嘘ではない。本当のことである。この現実を厳粛に受けとめるのに、残念で悔しくて言葉がない。

青春会の前身は昭和51年に創業されたテニスクラブで、当初は軟式テニスだったが、現Y岸会長が初代部長を務めた。翌昭和52年には軟式から公式テニスに改変されH谷川氏が部長に就任、その後何代か続いたが昭和56年には「青春会」に改称、Y岸会長及び一族による独裁政権が続き今日に至っている。
法師人利康さんは、そんな軟式テニスクラブの創業時からのメンバーで、何人かの人が去った後も常に長老として君臨、中心的な存在であり続けた。

軽井沢や千葉あるいは土浦で私たちは年2回合宿を開催する。いつも笑顔の法師人さんはこの会の集まりが一番愉しみだと言って、親御さんの1周忌と日程がぶつかった回を除いては、ほとんどの合宿に欠かさず参加した。しかし、テニスに熱心に取り組むかというとそうでもない。これが何より楽しみと昼から酒を呑み、思いついたらテニスをする。常にマイペースの人だった。
準備運動としてコートをランニングするようY岸会長から指示が飛ぶ。しかし、どこ吹く風とばかりにちんたら適当にやっている。かと思うと、試合をさぼってすぐに「審判席」に座りテキトー男の真骨頂ともいうべき、よそ見していて玉の行方を見ておらず、まことにいい加減な判定を繰り返し、皆を笑わせた。

一方、試合では、長身(192㎝)を生かしてボールが上の方に来たときは面白いように叩き落とす。しかし、足元に弱いパトリオット(地対空ミサイル)などとも言われていたように、腰から下を抜かれると口をとがらせて「あまり下の方に打つなよ!」と怒っていたのが妙におかしかった。(テニスなのですけど…)

2017年5月13日-14日、また、私達青春会は浅間山の見える軽井沢でテニス合宿やります。
法師人さん、よく試合さぼって登っていた審判台に戻ってきてください。席は空いています。ボールの行方追うのはいつものように適当で良いですから…

これからも、我々青春会は大いにテニスを楽しみ、大いに呑み、まだまだ馬鹿やって「青春を謳歌」して行きます。
法師人さん。天国から見ていてください。そして「馬鹿やってんじゃねえよ!」と声をかけてください。

よーし、コート10周!(Y岸会長)
合掌    
2017年4月
青春会一同

DSC04987.JPG




DSC07267.JPG



タグ:法師人利康

新宿御苑の桜・SAKURA・櫻を楽しむ [東京の旅人]

急に晴れたので予定を変更して、新宿御苑の桜を観に行った。
満開で、家族連れの過半は外国人観光客という感じである。
皆さん、桜の枝が人の背の高さまで垂れているのを大いに楽しんでいる。
YOUだらけである。

《新宿御苑 散策》

DSC_0171.JPG


DSC00763.JPG


DSC00775.JPG


DSC00776.JPG



DSC00778.JPG


DSC00789.JPG



DSC00765.JPG


我が家の愛犬Pieechan~The Terrier club のImage of the week に掲載 
題:Look into my eyes
4月23日まで:http://www.terrierclub.com/pow.htm 
4月24日以降:http://www.terrierclub.com/mainfold.php?nav=apr17.htm&arc=apr172.htm
タグ:sakura 桜満開