So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

あるホテルの25周年パーティーにお招きいただいて [Anniversary]

2019年7月9日都内の某ホテル25周年のパーティーにお招きいただいた。5年前の20周年の時は受付で「お名刺を」と言われ、改めて自分がリタイアして久しいことを思い出した次第である。今回は、その後作った古い名刺を出して事なきを得たが、ホテルの皆さんの歓待に楽しく過ごさせていただいた。
思えば、現役の時はずいぶんパーティーにお邪魔した。二十代のころから不動産屋さんや意味不明の団体、代議士さんのパーティー、外資系のIT企業などずいぶんお招きいただいたが、今は、それらの企業や団体もバブル崩壊と、その後の社会の激変、失われた20年の間に消え去って、消息すら分からないものがほとんどである。
一番印象に残っているのは、自分が三十代の時に行った自民党代議士U田さん(鹿児島)の引退パーティー(立食)だった。取引先の社長さんがおつきあいで買わされたパーティー券を、私たち夫婦にくれたのだが、当時首相の中曽根(康弘)さんを見てこいと言われて好奇心だけで行ってみた。入り口でお出迎えは、福田赳夫さんのほかは、竹下登さん、二階堂進さんなどいわゆる竹下派が多かったかもしれない。まだ、政治評論家の細川隆元さんも車椅子ながら、ご健在でスピーチしていた。
さて、周囲に全く知人のいない私たち馬鹿夫婦は、中央から外れたテーブルで、料理を持ってきてビールなど呑んでうごめく有名政治家や評論家先生などの動きを目で追っていた。その時、突然、私たち二人のテーブルの前にビールを手に持った高名な政治評論家M鬼さんが、亡霊のようにぼうーっとして立っていた。ヒソヒソ声で家人が「この人誰?」と聞く。有名な先生であることを小声で説明していたが、しばらくすると、おつきの人だと思うが「先生、先生!」と大声で呼びM鬼先生を、別テーブルのところに大慌てで連れて行った。
今はそのパーティーに出席した当時存じ上げていた政治家は、中曽根さんを除いては大概鬼籍に入られている。
人の営み、うたかたって、何だろう?
絶えず流るる水の泡、泡沫人(うたかたびと)は恙(つつが)なく、ありやなしやと...なんて恋人ではないけど、なんか.... 

《パーティー会場で》

DSC05255 (1).JPG


DSC05262 (1).JPG


DSC05265.JPG

人手不足でG20(20人)どころかG8(8人)招集も困難か?~青春会反省会の危うい行方 [青春会]

青春会では、6月1日-2日に開催された夏季合宿 及び 「まぼろしのデュオK住&H谷川」リサイタル in ZAKAコンサート(6月16日)の大反省会を7月18日(木曜日)に開催すると発表した。
しかし、6月29日まで大阪ではG20、すなわち主要20か国が参集して世界の金融と経済について議論をしたが、当初は青春会もG20に対抗する意味で、青春会反省会でもG20なみに20人の参加者を見込むなど、だいぶ無謀で甘い計画を立てていたようだ。しかし、気づけば、同会ではこのところ会員の高齢化もあって、メンバーが櫛の歯が抜けるがごとく減員しており、なかなか歯止めがかからないのが実情のようだ。したがって、今回の反省会も、このままでは、G8(8人参加)どころかG7(7人参加)程度にとどまる危機的状況に陥っているとの厳しい指摘がある。一方、先のジュリーのコンサートのように座席に人形を置いておく案も出たが、それも如何なものかと良識ある会員から一笑に付され、Y岸会長としても八方ふさがりの状況にある。


《G8? G7(7人)? ~サミット会場風景》
それでも、整列写真の予行演習には余念がない青春会一行!今回は、若手(といっても還暦過ぎている)O川氏が欠席予定で、G8(8人)も危うい...(汗)

DSC02676.JPG


《お知らせ1》 体験入会 募集中・・アレ?
青春会秋季合宿 2019年10月5日(土曜日)~10月6日(日曜日) 
        軽井沢(いつものセレブが集う高級民宿)
《お知らせ2》
個展予定:2019年11月11日(月)~11月17日(日)
場所 : 浦和 彩光舎(調宮神社 境内入口はす向かい) S田副幹事長代理

【関係記事】
◆青春会令和元年夏季合宿催される~欠席者続出で存続の危機:今そこにある危機! 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-06-03

◆トランプ大統領?夏季合宿(6月1日-2日)に招致失敗!~会長責任問題に発展か?. 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-05-28

◆伝説のバンドZAKAコンサートに青春会最強デュオ登場!~2019年6月16日
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-06-17


※本ブログはフィクションであり、実在の人物、団体とは一切関係ありません

鬼怒川ライン下りをドローンで?描く~実は橋の上から.. [素人絵画の世界]

「鬼怒川ライン下りをドローンで?描いてみた」と言いたいところだが、橋の上から見た風景である。故あって、旅行がしづらい環境だが、鬼怒川でもどこでも旅ができるのは幸せなことである。


《鬼怒川ライン下り~四方から見た》

DSC05242GG.JPG


<左>

DSC05242GG-左.jpg


<逆>

DSC05242GG-2.jpg


<右>

DSC05242GG-右.jpg


《お知らせ》
個展予定:2019年11月11日(月)~11月17日(日)
場所 : 浦和 彩光舎(調宮神社 境内入口はす向かい) 

【関連記事】
【素人画の世界】
◆幼年の世界~クレヨン画みつけた
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-11-02
◆油絵の記憶~素人の世界-断捨離中-その2 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-11-05
◆65の手習い~絵画再開しました。
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-04-02
◆馬子にも衣装 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-07-17
◆ワンコを描く
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-11-23-1
◆所詮、絵空ごとですが…心は自由自在
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-02-17
◆ニースサレヤ広場を描く~グワッシュ
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-04-10
◆イタリアのPortofino(ポルトフィーノ)を再び描く
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-05-27-1
◆海の彼方から音楽の聞こえるラヴェッロ(Ravello)ルフォロ荘(Villa Rufolo)を描いてみた 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-06-23
◆希望~父母の新婚時代
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-07-06
◆義父の愛娘を描く
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-08-23
◆長岡の花火を描いてみた:The Nagaoka Festival Fireworks .
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-10-08
◆走る船の風景 Lago Maggiore ~マッジョーレ湖(Lago Maggiore)を描く
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-11-15
◆1999年のTaormina Hotel Villa Ducaleからの風景を描いてみた。
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-12-31
◆南仏コートダジュールのエズ(Eze)を再び描く [素人絵画の世界
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-02-09
◆サボテン曼荼羅を描く
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-03-19
◆台場沖で屋形船を眺める
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-04-16
◆警戒する猫
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-05-14
タグ:鬼怒川

伝説のバンドZAKAコンサートに青春会最強デュオ登場!~2019年6月16日 [青春会]

青春会では、同会音楽部長O木氏の要請を受け、O木氏のお友達バンド、伝説のZAKAコンサートに同会最強デュオといわれる「うたう秘密兵器<K住&H谷川>」を送り込んだ。

《幻のデュオ、スカウトに尽力:O木音楽部長》

DSC05137.JPG



DSC05097.JPG


《相変わらず本番前に居眠りのH谷川氏》
いつもの通り、本番を前にしても眠っているH谷川氏、知らない人が見ればよほどの大物か?無我の境地など絶賛する人もいるかもしれないが、ただひたすら、眠たいだけである。

DSC05153.JPG



《幻の歌声<K住&H谷川>が登場》
当初はZAKAのStand By Meなどから始まり、和やかにポップスなどを楽しんだ。
第一部が終了し、第二部のゲストコーナーにいよいよ青春会の最強デュオと謳われた幻の歌声<K住&H谷川>が登場した。

DSC05170長谷川-倉住登場.JPG


DSC05174長谷川-倉住熱唱.JPG


《踊る方も~ダンス部?》

DSC05173長谷川-倉住の歌でダンス始まる.JPG


《うたう秘密兵器<K住&H谷川>》
<K住&H谷川>が選択した楽曲は「夏の終わりのハーモニー」だった。はじめは、加齢により歌詞が見えないのか、やや戸惑ったものの、次第に慣れてくると、佳境を呈し、二人の熱唱にダンスを踊る人までおり、成功裏に終わったかにみえた。しかし、自宅に帰ってビデオを見るとやたらS我カラオケ部長の、やや外れた大きな掛け声が、くまなく入っており、「一生の思い出」と感動していた二人にはやや気の毒な仕儀となったが、ま、これが青春会、たかが青春会、されど青春会である。「夏の終わりの雄たけび」の何が悪い!
いつものS我カラオケ部長のダンスがなかったのだけが心残りであった。

<手前-S我部長>

DSC05115.JPG



《青春会会員・賛助会員の皆さん》

DSC05161.JPG




《伝説のバンドZAKAの皆さん》
楽しいひと時をありがとうございました。

DSC05104.JPG


【関連記事】

◆伝説のバンドNOVOのライブをY岸会長ほか青春会幹部が視察-「Novo 7 ナイト」 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2012-12-09

◆青春会 ライブハウスに殴りこみ! 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2011-08-18

【必殺!!青春会視察シリーズ】
■六本木のライブハウスアビーロード( Abbey Road)を青春会幹部が視察!
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2013-07-14

◆青春会幹事長一行LIVEを(Aoi Sings with her Buddy)を視察!
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2015-02-28

◆渋谷J-POPcafe のバンド新年会を視察 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-01-09

◆対外活動を再開~青春会視察団 IN 下北沢LOFT(ライブハウス)
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-04-22

◆人手不足でG20(20人)どころかG8(8人)招集も困難か?~青春会反省会の危うい行方 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-06-30


※本ブログはフィクションであり、実在の人物、団体とは一切関係ありません

Y岸会長「正式な報告書としては受け取らない」と土浦合宿開催提案を否定 [青春会]

目下、国会では老後資金として2000万円が必要などと指摘した金融庁の「報告書」が物議を醸している。一方、テニスブームが下火になって久しく、昨今のわずかに生き残った軽井沢テニス民宿も、きわめて予約が取りにくい状況が続いている。そういったことを背景に、『軽井沢から土浦に合宿会場を移さざるを得ない』としたH吾郎氏(みんなの青春代表)の「報告書」自体について、青春会Y岸会長は、「正式な報告書としては受け取らない」と異例の決定をした。
その理由について「軽井沢合宿が崩壊するかのごときに思われるような表現になっていた。青春会会員に著しい不安とか誤解を与えている。これまでのわが青春会の政策スタンスとも異なっている」と述べた。S我カラオケ部長も「極めてずさんなものであり、まともな政策議論に供しうるものではない。これが公になること自体大きな問題」と述べ、H吾郎氏(みんなの青春代表)に対し報告書の撤回を求めた。M成幹事長は「我々は青春会会長選挙を控えている。自分たちが置かれている立場をもっと真剣に考えなくてはならない。厳重に注意する」と抗議した。そもそもこの報告書は、Y岸会長の諮問を受けて作られたもので、昨今の軽井沢合宿施設の予約の難しさなど鑑みて、全国のテニスコートの状況に詳しい識者など20人以上の委員が参加し、100回に及ぶ会議を経て取りまとめられた。内容的には、今年2回軽井沢合宿を、1回は予約の確実に取れる土浦で開催すべきとのごく常識的な「報告書」でH吾郎氏(みんなの青春 代表)、「このままでは合宿所が取れずに中止などというという事態になりかねないことを、一日でも早く一人でも多くの青春会会員に気付いて行動してほしい」と述べた。

《2019年秋季合宿日程~決定:10月5日(土)~6日(日)》
「土浦移転派」の策動により混乱した秋期合宿開催地問題は、山岸会長が強硬な姿勢を崩しておらず10月5日(土)~6日(日)、今まで通り軽井沢で催されることなった。

DSC_0092.JPG



※本ブログはフィクションであり、実在の人物、団体とは一切関係ありません。

青春会令和元年夏季合宿催される~欠席者続出で存続の危機:今そこにある危機! [青春会]

青春会は、令和初の夏季合宿を6月1日(土)~2日(日)に挙行した。5月のトランプ大統領への軽井沢招待(テニス試合観覧?)に失敗したものの、性懲りもなく、今度は2019年6月15日(土曜日)・16日(日曜日)に軽井沢で催されるG20 関係閣僚会合の事前テニス大会と銘打って高官が青春会合宿を下見に来るよう関係筋にはたらきかけてきた。
しかし、G20どころか今回の合宿は、Y岸会長の欠席のほか、H吾郎氏率いる「みんなの青春」一番の若手の離脱(青春会ブレグジット)や、昭和51年に創設されて以来、初めての女子会員の欠席、そして古参会員の加齢による足腰の痛み、腹部肥大化、動作不良など近年まれにみる欠席者を出し、少人数合宿(7人)となった。「ウーン! マンダム」あれ? 

DSC_0092.JPG



《危機に直面! 青春会、存続の危機》
青春会では、前代未聞の男ばかりの合宿となったため、6月1日の合宿の夜、緊急会議が招集された。もう会員の年齢を考えて、温泉&テニスなど対案も出たが、結局は「70歳になろうかという欠席したY岸会長や“踊る×んこ侍”S田副幹事長等幹部にセックスアピールが無い」などと責任のなすりあいに終始し、やはり扇のかなめY岸会長不在の合宿のダメージの大きさを痛感させる結果となった。糸の切れた凧状態の青春会会員等は、47都道府県遊びや、23区遊びでお茶を濁し、結果的に切迫した「青春会存続の危機」を先送りし、目を背ける仕儀となった。


DSC05076.JPG



《深刻な表情の重鎮K住氏》

DSC05067.JPG


《テニス人口減少も危機の要因か?》
6月1日(土)の初日はまだしも、6月2日には周辺で我々以外にテニスをやっている人影はなかった。また、民宿もテニス目的ではない「企業の研修?」などに使われているらしく、5月や10月はほとんど予約が取れない状態が続いている。背景にはテニス人口の減少もあるが、企業の研修などは、テニス民宿を使わず、近くの東急ハーベストなどの利用を切に願う次第である。


【関連記事】

◆トランプ大統領?夏季合宿(6月1日-2日)に招致失敗!~会長責任問題に発展か?. 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-05-28

◆伝説のバンドZAKAコンサートに青春会最強デュオ登場!~2019年6月16日
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-06-17

◆人手不足でG20(20人)どころかG8(8人)招集も困難か?~青春会反省会の危うい行方 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-06-30

※本ブログはフィクションであり、実在の人物、団体とは一切関係ありません。

トランプ大統領?夏季合宿(6月1日-2日)に招致失敗!~会長責任問題に発展か?. [青春会]

トランプ米大統領は国賓としての2019年5月25日からの日本訪問を終えて28日に帰国の途に就いた。一方、青春会では、グランドスラム全仏オープンの開催に合わせ、来る6月1日-2日に開催される青春会夏季合宿2019に、滞日期間を延長してトランプ大統領が観覧に訪れ、Y岸会長に拝謁するのではとの淡い期待もあったが、まったく無視されたようである。
同会Y岸会長は、テニス試合観覧のため、いつもの高級民宿A荘に会場に椅子の升席を設けるよう、また、ずいぶん前から警備体制にも注文を付けていたが、むなしい結果に終わった。なお、そのY岸会長は、大統領の招致失敗にショックを受けてか伝統の青春会夏季合宿グランドスラムを突然欠席することを表明、責任逃れではと会員間に動揺が走っている。

《責任問題のY岸会長》

DSC04431.JPG


《招致活動中?のS田副幹事長~2018年10月》
S田副幹事長が会長の命を受けてトランプ大統領?招致のために昨年来接触を試みていようだ。しかし、大統領がちょっと変?だと指摘する声もあり、同副幹事長への疑念の声もあがっていた矢先、某国の対米担当者のように、トランプ大統領招致失敗の責任を取らされ処刑されたのではとのうわさも飛び交っている。


DSC04238松下アキラ.JPG



《拍子抜けのM成幹事長とS我カラオケ部長》
大統領御前試合を準備していたM成幹事長と、御前で「純烈メドレー」などカラオケ斉唱を準備していたS我カラオケ部長も無念の色を隠せないが、会長批判は自らの失脚につながりかねないため処刑されてはかなわんとばかりに、口をつぐんだまま、やり過ごす模様である。

DSC04390.JPG



【関連記事】

◆2018年10月13日~あるパーティーで世界の首脳、知名人にお会いした? 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-10-15

◆青春会令和元年夏季合宿催される~欠席者続出で存続の危機:今そこにある危機!
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-06-03

◆人手不足でG20(20人)どころかG8(8人)招集も困難か?~青春会反省会の危うい行方 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-06-30

※本ブログはフィクションであり、実在の人物、団体とは一切関係ありません。

警戒する猫 [素人絵画の世界]

数年前、愛犬Pieechan(2018年12月4日没)と散歩していた時、塀の上から私たちを警戒してじっと見つめる猫に遭遇したが、あの目が忘れられない。猫は常に警戒的でなまめかしいのかもしれない。

DSC04951.JPG



《お知らせ》
個展予定:2019年11月11日(月)~11月17日(日)
場所 : 浦和 彩光舎(調宮神社 境内入口はす向かい) 


【素人画の世界】
◆幼年の世界~クレヨン画みつけた
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-11-02
◆油絵の記憶~素人の世界-断捨離中-その2 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-11-05
◆65の手習い~絵画再開しました。
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-04-02
◆馬子にも衣装 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-07-17
◆ワンコを描く
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-11-23-1
◆所詮、絵空ごとですが…心は自由自在
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-02-17
◆ニースサレヤ広場を描く~グワッシュ
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-04-10
◆イタリアのPortofino(ポルトフィーノ)を再び描く
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-05-27-1
◆海の彼方から音楽の聞こえるラヴェッロ(Ravello)ルフォロ荘(Villa Rufolo)を描いてみた 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-06-23
◆希望~父母の新婚時代
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-07-06
◆義父の愛娘を描く
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-08-23
◆長岡の花火を描いてみた:The Nagaoka Festival Fireworks .
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-10-08
◆走る船の風景 Lago Maggiore ~マッジョーレ湖(Lago Maggiore)を描く
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-11-15
◆1999年のTaormina Hotel Villa Ducaleからの風景を描いてみた。
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2018-12-31
◆南仏コートダジュールのエズ(Eze)を再び描く [素人絵画の世界
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-02-09
◆サボテン曼荼羅を描く
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-03-19
◆台場沖で屋形船を眺める
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-04-16
◆鬼怒川ライン下りをドローンで?描く~橋の上から.. [素人絵画の世界]
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-06-23









タグ:

云十年ぶりの鬼怒川温泉郷 [日本の旅]

鬼怒川温泉は、江戸時代に発見され、当時は日光詣の僧侶や大名のみが入ることを許されたという由緒正しき温泉だそうだが、初めて行った約40年前(昭和53年)に会社で行った頃は安近短からか、社員旅行の定番のような温泉だった。しかし、宴会はおろか歴史的建物などもなかったようで、全く何があったのか記憶がない。その頃は、東武電車特急で向かったのだが、行きから飲んだくれていた先輩たちが、東武電車の中途半端なラウンジなどにケチをつけていたのをわずかに覚えている。
さて、平成が過ぎ去ろうとしている2019年の10連休の4月27日-28日、事情があってもう外国も、国内ですらも長期旅行は行けなくなったわが家族全員で、安近短で簡単に行けるのは最寄りのJR駅から直で行ける鬼怒川ぐらいであった。行きはよいよい、帰りは怖いというが、帰りも電車1本で帰れるはずだった。しかし、のんびり駅待合室でくつろいでいた私たちが、いざ電車に乗ろうとしたらボードに当該電車の表示が無い。連休中だというのに車両故障。小さな看板のみで、アナウンスなし。驚愕、動転。次の電車は、下今市から残り4席に老義母を含む3名分をようやく確保、下今市までと草加から大宮まで中途半端に鈍行がまざり、東武電車乗り継ぎの旅に。年寄りの旅行で先は急がないけど、せっかく連れて行った老母にはきつい旅になったかもしれない。

《鬼怒川風景とライン下りを眺める》
鬼怒盾岩大吊橋からの眺め。

DSC04858.JPG


DSC04872.JPG


DSC04862 (1).JPG


《鬼怒川 金谷ホテルからの眺め》
温泉も結構、食事も酒もおいしかった。今度は、東照宮に行くときにでも利用させてもらおう。

DSC_0015.JPG


《吊り橋を渡った向こう側大展望台にがっかり》
5分と書いてあるが、決してお勧めできない。ようやく、てっぺんに上っても、大した風景は撮れない。以下は、展望台に上る急階段近くにあった像。ウン、何?
DSC04882.JPG



《鬼怒川温泉駅》
駅前にはSLがお披露目、のどかな風景。でも、運休中止のアナウンスもなく、ホームでは駅員の説明も大混乱(笑) ということで、この時、我々は電車が運休のこと何も知らなかった。

DSC04888.JPG


青春会ガバナンスの強化はかる~社外取締役を設置! [青春会]

2019年4月18日(木曜日)午後6:30より催された法師人利康さん(2017年4月1日没)、天国マスター白木康之さん(2016年4月15日没)を偲ぶ会(青春会主催)は、無事終了した。
同会には、多くのメンバーが参加、青春会の河野太郎ことS田副幹事長や堀ちへみ?こと元天国所属、現某クリーニング店CEO(最高経営責任者)のN子さんも列席、「偲ぶ会」は、しめやかに執り行われた。また、青春会のガバナンスの強化をはかる意味合いで、「会長職」を廃止することと、社外取締役を置くことが協議されたが、結局、あくまでも会長職にこだわるY岸会長は自ら「余人に代えがたい」の一点張りで抵抗し、廃案となった。しかし、社外取締役の設置についてはさしたる反対はなく前出堀ちへみ?まがいのN子さんとKじら雲CEO(最高経営責任者)A衣ちゃんに決定し、青春会のガバナンスの強化策は大きく前進することとなった。

《写真タテと青春会メンバー》

DSC04733.JPG


DSC04799.JPG



《ルイビトン?写真タテでN子さんのご機嫌を取る青春会の河野太郎外相?》
社外取締役となった元天国所属、クリーニング店CEO(最高経営責任者)のN子さんのご機嫌取りでルイビトン製写真タテ?(中国製)をプレゼントする青春会の河野大郎外相?、もといS田副幹事長。(ウシッシ...古いか?)「次の質問は?」ウン?

DSC04753.JPG


なお、偲ぶ会の席上6月16日(日)に開催されるO大木音楽部長とお仲間のバンドコンサートに、わが青春会のH谷川氏とK住総裁(立健飲酒党)がゲスト出演することが突然発表された。また、S田副幹事長も8月に40年ぶりに上野の美術館公募展に出品予定のほか、11月には個展を地元で催す予定で、青春会は令和の新時代に向けて幸先の良いスタートを切れそうである。

DSC04801.JPG



【関係記事】

◆法師人利康さん(青春会長老)を追悼する
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2017-04-16
◆スナック天国(池袋)マスター白木康之さん(2016年4月15日没)を追悼する 
http://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2016-04-16
◆夏季合宿2019(新元号で初)6月1日(土)-2日(日)に決定!~強大な権力集中のY岸会長に暗雲! 
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-03-30
◆「青春」の意味もわからずボーっと生きている会員に向けて~Y岸会長 今更の檄!
https://sodaxpiee.blog.so-net.ne.jp/2019-04-14

※本ブログはフィクションであり、実在の人物、団体とは一切関係ありません。

前の10件 | -